ミノキシジルはアルコールがNG?

ミノキシジル注射比較なら【AGAラジオ】

MENU

ミノキシジル服用後のアルコールはNG?

お酒が大好きで毎晩のようにビール、ワイン、焼酎、ウィスキー、酎ハイなどのアルコールを摂取されている方は結構多いと思います。

 

単純にお酒が大好きな人もいれば仕事などのストレスが原因でヤケ酒になっている人、不眠症・睡眠障害で悩まされている方など状況は様々だと思います。また、営業職や経営者の場合ですと仕事の接待や付き合いなどある意味では仕方ない事情で飲み会・会合に参加されているケースもあるでしょう。

 

お酒の飲む若者が少なくなったと言われていますが、まだまだアルコールを好む大人はたくさんいますからね!

 

※未成年の飲酒は法律で禁止されています。

 

さて、今回のテーマはAGA治療薬の1つであるミノキシジル服用後にアルコールは飲んではいけないのか?というテーマになります。

 

まず一番最初に重要なのは薄毛治療に関することはインターネットの情報で調べるだけではなく、必ず処方を受けている専門医に相談して迷った時の判断をするべきです。あなたのAGA・薄毛症状の状態を知っている人にアドバイスを貰うのが理想です。

 

ミノキシジルとお酒の相性は最悪!?

 

単刀直入に言えば効果が低くなったり、副作用のリスクが増加する可能性がありますので、飲み合わせはNGにした方がいいでしょう。主な危険をいくつかザックリとまとめてみました。

 

  • DHT(ジヒドロテストステロン)の生成が増える
  • 低血圧
  • 肝臓に負担がかかる

 

AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTの生成を助ける可能性がアルコールにはあります。

 

DHTが生成されるとAGAの症状が進行してハゲ具合がさらに増しますし、ミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)の服用をされている場合は効果が低くなり、場合によっては意味が無くなるケースもあるでしょう。よってミノキシジルだけではなく、内服薬であるプロペシアもお酒と一緒に服用するのは絶対に避けるべきです。

 

また、ミノキシジルは元々高血圧の人向けに開発されたもので、血管拡張作用があります。アルコールについても過度な摂取をすると血圧を下げることがありますので、元々低血圧の人にとっては大きなリスクと言えるでしょう。また、両方とも肝臓に負担が掛かりますので、それが増加するというのも難点の1つです。

 

ミノキシジル服用中は禁酒にするべき?

 

できればアルコールの摂取は控えたいところです。但し、実際には飲酒後に10時間間隔を空けたり、お酒の量を少量にして上手に付き合っているという口コミ体験談もあります。その辺りについてもAGAのクリニック・病院の専門医に相談して、アドバイスをいただいてみてください。