ミノキシジルは頭頂部や生え際に効かない?

ミノキシジル注射比較なら【AGAラジオ】

MENU

ミノキシジルは頭頂部や生え際に効かない?

AGAの進行症状で特に目立つのが頭頂部や前髪の生え際になります。

 

前頭部から進行する場合で多いAGAタイプがM字型になります。ハゲで悩まされている人でこの症状のタイプは非常に多いですね。

 

薄毛治療薬として有名なのがプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルですね。

 

今回はミノキシジルは頭頂部・生え際のM字型ハゲには効かないのか?実際の効果や考えられる副作用や悪影響について徹底検証していきたいと思います。

 

ミノキシジルが頭頂部・生え際に効果なし!?と言われている理由

 

まず最初に大前提としてミノキシジルは100名中100名に効果を発揮する万能薬ではありません。

 

何となく、AGA治療と言えば「100%効果があるんでしょ?」と思われているようですが、実は全ての人に効果があるとは言い切れないのです。

 

ですので、あまりの期待値とのギャップでミノキシジル効果に対する悪い口コミ・体験談を掲載されている方も少数派ではありますが、存在するのです。中には残念ながら「効果なし」となってしまう人がいるのも認識しておいてください。

 

それでは実際のところミノキシジルは頭頂部や生え際との相性が悪いのか?AGAの進行は大体の2つのタイプになりますので、だとすれば大きな欠点であると言えます。実際のところどうなのか?調べてみました。

 

頭頂部に比べると生え際のM字ハゲはDHTの濃度が高いと言われていて、ミノキシジルが多少効きにくいという説があるみたいですが、根拠のあるデータ等を発見することはできませんでした。プロペシアはDHTを抑制・阻害する作用がありますが、ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激することにより発毛促進をするAGA治療になりますので、その違いが生え際に効果が無いと言われている理由になっているのかもしれません。

 

生活習慣が悪いとミノキシジルの効果が薄れる!?

 

AGAの原因には食事、睡眠、ストレスなど様々な理由が考えられます。頭皮の血流が悪ければ、ミノキシジルの血管拡張による血流改善効果が薄れる可能性が考えられます。

 

発毛実感をすることができなかった場合はまず生活習慣に悪い点がないか?考えてみてください。例えば

 

  • 偏った食事
  • 睡眠不足が毎日続いている
  • 仕事で大きなストレスが溜まっている

 

特に一人暮らしの男性の場合ですと宅配や外食などで自分の好きなメニューを好きなだけ食べてしまいやすいので気を付ける必要があります。せっかく、ミノキシジルで生え際のAGA治療をするのであれば最低限の見直しをする方がいいでしょう。また、仕事が忙しい場合ですと十分な睡眠を確保できないで精神的に負担がかかっているケースもあると思います。思い切って有給を取得するか、リフレッシュする方法を見つけるといいでしょう。