20代前半~後半の若ハゲ!ミノキシジル効果はある?

ミノキシジル注射比較なら【AGAラジオ】

MENU

20代前半~後半の若ハゲ!ミノキシジル効果はある?

20代のAGA発症率は100名中5~6名程度と言われています。確実に立証するデータではないのですが、概ね5%~6%程度と考えておくといいでしょう。20代前半(20歳、21歳、22歳、23歳)~20代中盤(24歳、25歳、26歳)で考えると3%未満なのではないか?と思います。さて、今回紹介するのは20代の若ハゲにミノキシジルは効果ある?効かない?意味ないの?実際どうなのぉぉぉ~!!!というテーマになります。

 

AGA治療の内服薬であるプロペシア(フィナステリド)は20代に効果あるの?という点についても触れて解説していますので、そちらも興味があればご覧くださいませ。

 

20代はミノキシジルで回復・改善されない?

 

若ハゲはミノキシジルやプロペシアは効果なし・意味が無いという声が体験談口コミなどを見ると結構ありますね。

 

ちなみに20代でミノキシジルは手に入れることができるの?という声もありますが、基本的に20歳以上であればAGA治療のクリニック・病院で手に入れることができます

 

なお、効果がないと言われているのは実は若ハゲだけではなく、全ての年齢層に言えることです。なぜなら100%の確率でAGAを治すことができる薄毛治療薬ではないからです。発毛効果を実感する人もいれば残念ながら満足した結果を手に入れることができない人も存在します。ですので、否定的な意見があるのは当たり前なのです。

 

また、効かない原因は生活習慣という可能性もありますので、注意が必要になります。ミノキシジルは毛母細胞を刺激して血流をよくする働きがあります。それによって発毛促進を狙う治療薬なのですが、睡眠不足や食事の栄養バランスが悪いと効果が発揮しにくくなる場合もありますので、注意が必要になります。その辺りについては処方を受けるクリニックの専門医に相談することを推奨します。

 

ちなみにプロペシア(フィナステリド)も20代だからと言って効果が薄い訳ではなく、ミノキシジルと同様の理由で悪い口コミになっていると考えられます。ですので、20代前半(20歳、21歳、22歳、23歳)と比較して20代後半(27歳、28歳、29歳)の方が効果を発揮するということはありませんので、AGAの症状が気になるのであれば早めに対処することをおすすめします。

 

20代のAGA治療~ミノキシジル以外であるの?

 

AGA治療と言えばプロペシア(主成分フィナステリド)とミノキシジルが有名です。

 

それ以外でおすすめの薄毛治療を簡単にまとめましたので、ご覧くださいませ。

 

  • AGAメソセラピー
  • HARG(ハーグ)療法

 

また、根拠のある効果はないのですが、頭皮環境を整えるケアという面おいては下記のような商材も検討対象に加えておくといいでしょう。

 

  • 育毛剤・スプレー
  • 育毛シャンプー
  • 育毛サプリメント
  • 発毛サロン

 

ハゲ悩みに関するサービス・商品はいろいろありますので、試してみてくださいませ!ちなみに根拠のあるAGA治療をするならクリニック・病院等の医療機関ですよ!