ミノキシジルVS植毛!どっちがいいの?

ミノキシジル注射比較なら【AGAラジオ】

MENU

ミノキシジルVS植毛!どっちがいいの?比較

薄毛治療や対策の方法は様々な種類があります。

 

今回のテーマはAGA外用薬であるミノキシジルと自毛植毛手術どっちがいいの?メリットやデメリットの違いを比較していきたいと思います。

 

植毛施術の種類としては「自毛」以外にも「人工」がありますが、こちらは当サイトでは推奨していませんので、自毛植毛をベースに解説していきたいと思います。

 

効果を比べてみた!

 

ミノキシジルの効果

 

主に下記の通りになります。

 

  • 血管拡張
  • 発毛促進

 

簡単に言えば毛母細胞を刺激することで血管を広げ、血流をよくする働きがあります。血液循環をよくすることで発毛促進を狙うのがミノキシジルの特徴になります。抜け毛の量を現象させる効果もありますので、AGA対策では人気のある薬の1つになります。

 

自毛植毛の効果

 

主に下記の通りになります。

 

自分の髪をハゲてる部分に移植する

 

非常にシンプルですね。移植する毛についてはAGA発症しにくいと言われている後頭部や側頭部から持ってくるのが一般的になります。具体的な場所については1人一人の症状によって異なります。例えばM字型とO型では進行する場所が違いますからね。

 

リスク・副作用で比べてみた!

 

ミノキシジルの注意点

 

考えられる副作用症状としては痒み、発疹などですね。リスクは低いと言われているのですが肝機能低下、アナフィラキシー反応などになる可能性もあると言われています。AGA治療として効果が認められているミノキシジルですが、実は怖い一面もありますので、注意が必要になります。処方を受ける際には個人輸入ではなく、専門医の在籍するクリニック・病院をおすすめします。

 

自分の体質やリスクをシッカリと認識することが大切です!

 

自毛植毛の注意点

 

植毛手術をされた古い体験談の場合ですと「痛い」、「傷が残った」などのリスクが挙げられることが多いですね。

 

しかし、最近ではメスを使わない・切らない自毛植毛施術の対応をされているクリニックもありますので、以前に比べるとデメリット・リスクは大幅に軽減されていると思われます。定着率や自然な仕上がりと言った重要になる項目についても年々精度が向上されていますので、ユーザーの満足度は高まっている傾向があります。

 

但し、注意しなければいけないのは金額です。植毛する本数が多い場合ですと料金・価格帯においても高額になることもあります。総額で100万円~300万円かかることも珍しくはないのです。その点、ミノキシジルの場合は毎月の継続したコストは掛かりますが、1回あたりの処方を考えると数千円~数万円程度ですので、初期費用を抑えることができます。

 

逆に言えば回数面は植毛なら1回でメンテナンスの手間もほとんどないのですが、ミノキシジルは毎月のように通院しなければいけないのでトータル的な負担は重いですね。トータル的なコストパフォーマンスで考えると自毛植毛にメリットが出るケースも。